■記事一覧

世田谷区少年野球チーム成城ヤンガース新入部員募集中

世田谷区少年野球チーム 成城ヤンガースでは新入部員を随時募集しています。
体験はお気軽にどうぞ!

見学、体験、入部のご案内はこちら→

練習試合受付しております。

お気軽にお問い合わせください → e-MAIL: seijo_youngers@yahoo.co.jp


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 ブログランキング
いちばんわかりやすい少年野球「ルール」の本 最新版 学研ジュニアスポーツ 成城ヤンガース監修

成城ヤンガース監修書籍

「少年野球 ルールの本」

ヤンガース監修の書籍。少年野球に関して、初心者でもわかりやすい解説です。
少年野球のルールはよくわからないという方も、なるほど!と納得の一冊です。
アマゾンのレビューでも高評価です☆好評発売中!
著者:林 秀行(成城ヤンガース会長)の内容紹介はこちら→




少年野球のケガについて

スポーツ選手は怪我との戦いです。
少年野球も、強くなる為に練習に打ち込むと、
どうしてもハードになり、ケガをしてしまう事もあります。
特に成長期の少年達は、まだ未発達な部分や、体の変化など様々な事があります。

ヤンガースは、学童時代に無理をして肩や肘を壊さないよう、
中学生になっても健康体で野球が続けられるよう、ケガには配慮しています。

少年野球で、できるだけケガなく頑張る為に、
どんな事を心がけたらいいのでしょうか?
津元総監督のアドバイスです。

・低学年
無理はさせないこと
根気よく投げ方の基本を教えていくこと
以上を常に気をつければ、少しずつでも改善されていきます。

正しいフォームで投げるのを習得する事は、上達するという事はもちろんですが、
ケガを防ぐという事でもあるのですね。

・高学年
野球肘の傷害は経験上、殆ど5年6年生が多い傾向です。
体力がつき練習量も増えますが、骨はまだ成長期で柔らかいのです。

●野球肘や肩をこわさない為に
体全体で投げること
肩の周りや股関節の運動域を確保するためのストレッチの励行
十分なウォーミングアップとクールダウン

※違和感を感じる時点でノースロー、無理せず、投げさせない事が大事です。

関連記事


FC2 ブログランキング
いちばんわかりやすい少年野球「ルール」の本 最新版 学研ジュニアスポーツ 成城ヤンガース監修

成城ヤンガース監修書籍

「少年野球 ルールの本」

ヤンガース監修の書籍。少年野球に関して、初心者でもわかりやすい解説です。
少年野球のルールはよくわからないという方も、なるほど!と納得の一冊です。
アマゾンのレビューでも高評価です☆好評発売中!
著者:林 秀行(成城ヤンガース会長)の内容紹介はこちら→




世田谷区少年野球:成城ヤンガース

成城ヤンガース

Author:成城ヤンガース
世田谷区の少年野球チーム
成城ヤンガースです。
↓お問い合わせ↓
seijo_youngers@yahoo.co.jp

少年野球:チーム検索BOX・タグ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。